辛さを急に感じなくなった

辛さを急に感じなくなった|これって味覚障害なの?

どうしてか、辛さを急に感じる事がなくなってしまった方へ。

 

 

周りの人と味覚が違って、戸惑っていたりしませんか?

 

 

いつもは辛さを感じていたものが、全然辛みを感じない。だからタバスコや一味、からしなどをたくさん使って味をつける。

 

 

 

たっぷり使って、ようやく少し刺激を感じるくらいになってません?

 

 

辛さなど、特定の味覚を感じなくなってしまうのを味覚障害といいます。

 

 

果たして今回のケースも、味覚障害なのでしょうか??

 

 

-PR-

 

 

辛さを感じないのは味覚障害?

 

辛さを感じない・・これは「味覚障害」とは"違う"んです。

 

 

味覚として認識されるのは「塩味・甘味・酸味・苦味・旨味」の5つ。

 

 

これらは舌にある味細胞によって、判断されます。5つの味覚のどれかが薄くなるのが、味覚障害になります。

 

 

これに対して「辛さ」は"痛覚"になります。痛いという感覚なんです。

 

 

だから味覚障害とは、関係がないんです。

 

 

味覚障害であれば、ストレスなどによる亜鉛不足が原因になります。

 

 

なので毎日の食事などで補うことで、症状は改善していきます。

 

 

 

「辛さ」は、亜鉛補給では回復する可能性が極めて低いです。

 

 

辛さを感じるようにするには?

 

人間は恐ろしいもので、辛さにはどんどん慣れていってしまうんですね。

 

 

それがエスカレートしていくと、少々の辛さには反応しなくなります。

 

 

辛さ=痛みの感覚が続くと、脳内ではβエンドルフィンという鎮痛作用のある物質が体内に分泌されます。

 

 

このエンドルフィンが分泌されると快感を感じます。それを感じようとして、知らず知らずの間にエスカレート⇒多少の辛さを感じなくなってしまいます。

 

 

 

⇒味覚障害を治す方法


亜鉛サプリは本当に効く? 天然の亜鉛サプリ 亜鉛サプリのレビュー