味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?

味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?

 

 

味覚がおかしい・・食事の時間が楽しくない。つらい。

 

 

味覚障害が起こるのは、亜鉛不足によるものです。亜鉛をしっかりおぎなえば、味を感じ取る器官が正常になります。

 

 

・亜鉛って、何を食べるのがよいの?

 

・病院で薬とか、もらえないの?

 

・亜鉛サプリってどうなの?

 

亜鉛をおぎなうには、いくつかの方法があります。いったい、どんなケアをするのがよいのでしょうか。

 

 

いちばん確実に、かつ効率よく「亜鉛」をおぎなう方法を紹介します。

 

 

 

 

1.亜鉛をおぎなう時の注意点

 

 

 

亜鉛は、他の栄養素と違い「ひとクセ」あります。なので、注意点をしっかり抑えてとることが大事です!

 

 

毎日、継続してとること

 

 

亜鉛は、消耗品です。だから、毎日欠かさずとりましょう。

 

 

〜ちなみに〜

 

成人が最低限必要な「亜鉛」の摂取量は、男性10mg・女性8mgです。

 

(参考:「国民健康・栄養調査」 日本人の食事摂取基準 より)

 

 

亜鉛はミネラルの一種です。味覚の他にも、いろいろな用途で使われる「人気者」なのです。

 

 

常に使われるものなので、毎日必要量を「欠かさず」とらないと意味がありません。

 

 

〜亜鉛の役割〜

 

@爪や骨などの、原料

 

Aストレスで生まれる、悪玉酸素の除去

 

Bアルコールを分解

 

C味を感じとる「味細胞」の成長をサポート

 

 

味覚障害は、Cで使う「亜鉛」が不足しているから。ところが@からBまで、常に亜鉛は消費されています。

 

 

毎日しっかり亜鉛をおぎなっていないと、Cまで亜鉛が回ってこないのです。

 

 

亜鉛は「とりだめ」ができないので、コツコツ毎日補うことが大事です。

 

 

過剰摂取に注意

 

 

亜鉛は基本的に、"毒性が低いミネラル"と言われています。なので、よほど短期間で大量に摂らない限りは、副作用の心配はありません。

 

 

ただ万が一、過剰摂取をすると「頭痛・発熱・嘔吐・倦怠感・腎臓障害」などが起こる可能性があります。その点も注意して、摂取するようにしましょう。

 

 

〜ここまでの、まとめ〜

 

●毎日、欠かさずとること

 

●過剰摂取に注意

 

2点を守って、しっかり亜鉛をとることが大事です。

 

 

2.亜鉛をおぎなうのに一番良い方法は?

 

薬(病院)

 

 

 

病院には「味覚障害を直接治す」薬はありません。あくまで「亜鉛補給」のための薬です。

 

 

もともとは「胃潰瘍」の治療に使われる薬(プロマック)が、処方されます。

 

 

プロマックは、亜鉛をたくさん配合しているので、味覚障害の「補助として」処方する病院もあるのです。

 

 

ただし、プロマックには「副作用」があります。

 

だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ などが起こる可能性があるのです。

 

 

また、味覚障害を診察してくれる病院が限られているのと、プロマックを必ず処方するとは限らないのもネックです。

 

 

「病院にいけば、完全に治る」とイメージしがちですが、"食べ物"や"サプリを飲む"のと理屈は同じです。

 

 

食べ物

 

 

 

「亜鉛」を多く含む食べ物を、毎日の食事にとりいれる。もっともスタンダードな方法です。

 

 

〜1日に必要な亜鉛の摂取量〜

 

成人男性:10mg、成人女性:8mg

 

※実際の平均摂取量は、男性8mg、女性6mg。男女とも、1日あたり2mg不足しています。

 

参考:日本人の食事摂取基準(厚生労働省の資料)

 

1日に必要な摂取量をクリアするには、どういった食べ物をとると良いのでしょう?

 

 

〜亜鉛を多く含む食べ物〜

 

(100グラム当たり。単位:mg)

 

・生の牡蠣  13.2(およそ2個分)

 

・豚レバー 6.9

 

・牛肉(肩 or もも) 4.3〜4.6

 

・カニ  3.2(1/5匹)

 

・たらこ 3.1

 

 

たとえば、牡蠣であれば2個食べればOK。豚レバーであれば、200グラムも食べれば必要量を満たせます。

 

 

ただし、食べ物からとる場合「食べ合わせ」に注意が必要です。

 

 

亜鉛は、一部の栄養素との相性が悪いです。せっかく亜鉛をたっぷり摂っても、効果が半減するので注意しましょう。

 

 

〜亜鉛と一緒に、とらない方が良いもの〜

 

●カルシウム

 

●タンニン(緑茶やコーヒーなどに含まれる)

 

●食物繊維

 

この3つの栄養素と一緒にとると、「亜鉛の吸収が邪魔されます」

 

 

本来なら、亜鉛をたっぷり含む食べ物をとるのが一番のハズなのですが・・食事の献立に、気をつけた方がいいです。

 

 

「いちいち考えて、食事を作っていられない!」というのなら、「亜鉛サプリ」を飲むのも一つです。

 

 

亜鉛サプリなら、食事の合間に飲めるので、"食べ合わせ"は気にしなくてよいです。

 

 

亜鉛の吸収を邪魔されることはありません。一日に必要な量を、すぐにクリアできるのも魅力です。

 

 

亜鉛サプリを選ぶときのポイント

 

「近所のドラッグストアで売っている、亜鉛サプリでいいんでしょ?」

 

 

たしかに、数百円で安く買えますよね、亜鉛のサプリは。ですが、ただ安いだけで亜鉛サプリを選ぶと失敗します。

 

 

なぜなら、亜鉛サプリは「ピンからキリ」まであるからです。製法の違いによって、体への吸収率は全然違いますからね。

 

 

亜鉛サプリは、必ず「天然」のものを飲みましょう。

 

 

「サプリ自体、加工品じゃないの?」と思うかもしれません。ですが、亜鉛サプリは「食べ物のエキス」から抽出した、天然ものでないと体に吸収されません。

 

 

食べ物を使わず、人工的に亜鉛の成分を作り出すこともできますが、体が受けつけず吸収率が悪いのです。

 

 

天然の亜鉛サプリは、人工的なサプリに比べると高いです。ですが、"意味がないもの"を飲むよりはるかにマシです。

 

 

天然ものの亜鉛サプリなら、「海乳EX」というサプリが良いです。

 

 


海乳EX

 

 

広島県産の生牡蠣を、そのままサプリとして加工しています。サプリにすると、「食べ物では使えない、あまった牡蠣」を使うメーカーもあります。

 

 

ですが「海乳EX」は、"このサプリを作るために、3年かけて育てた牡蠣"を使っています。だからこそ亜鉛をしっかり補えますし、体への吸収率も良いのです。

 

 

天然物の亜鉛サプリは通常、4000円台のものがほとんど。ですが、「海乳EX」は1ヶ月分が980円です。

 

 

なぜ安いのかというと、「定期購入」が条件だからです。2ヶ月目以降は1949円です。ただ、いつでも「定期購入」は解約できます。

 

 

「定期購入」に抵抗があるかもしれませんが、「とりあえず1ヶ月飲んでみて、合わなければすぐ解約すればいい」だけの話です。

 

 

 

 

 

 

 

味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?記事一覧

味覚障害は何科に受診すれば良い?病院での検査・治療法を紹介

味覚がおかしい・・と感じた場合。亜鉛不足を補うことが基本です。しかし、病院に行った方が良いのでは?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。味覚障害で悩んでいる方は、日本全国でおよそ24万人。さらに近年は増加傾向にあるにも関わらず、病院での治療についての情報が今一つ入ってこないのも事実です。「どこの...

≫続きを読む

味覚を回復させるには亜鉛が必要|効果的な摂取方法は

味覚がおかしい・・と思っていたら「亜鉛」不足を疑った方が良いです。人と味覚が違うのって、やっぱ悲しいですし、食べ物本来の味も、しっかり味わいたいもの。味覚音痴なんて、認めたくないですし(泣)味覚がおかしいと、亜鉛が足りないって話は聞きますが、実際何がどうかかわって、亜鉛が必要なのか納得できません。い...

≫続きを読む

【味覚障害】亜鉛は食事で、何をどのくらいとればいい?

毎日の食事で、亜鉛を補いたい。でも、何をどの位食べればよいかわからない!味覚障害は、味を感じ取る「味蕾(みらい)」の働きが悪くなることで起こります。味蕾を本来の働きに戻すには、「亜鉛」不足を解消しなければなりません。実際、毎日の食事で補うのが基本ですが、どんなものを食べるのか、必要な量はどのくらいか...

≫続きを読む


亜鉛サプリは本当に効く? 天然の亜鉛サプリ 亜鉛サプリのレビュー