味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?

味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?

 

 

味覚がおかしい・・食事の時間が楽しくない。つらい。

 

 

味覚障害が起こるのは、亜鉛不足によるものです。亜鉛をしっかりおぎなえば、味を感じ取る器官が正常になります。

 

 

・亜鉛って、何を食べるのがよいの?

 

・病院で薬とか、もらえないの?

 

・亜鉛サプリってどうなの?

 

亜鉛をおぎなうには、いくつかの方法があります。いったい、どんなケアをするのがよいのでしょうか。

 

 

いちばん確実に、かつ効率よく「亜鉛」をおぎなう方法を紹介します。

 

 

 

 

1.亜鉛をおぎなう時の注意点

 

 

 

亜鉛は、他の栄養素と違い「ひとクセ」あります。なので、注意点をしっかり抑えてとることが大事です!

 

 

毎日、継続してとること

 

 

亜鉛は、消耗品です。だから、毎日欠かさずとりましょう。

 

 

〜ちなみに〜

 

成人が最低限必要な「亜鉛」の摂取量は、男性10mg・女性8mgです。

 

(参考:「国民健康・栄養調査」 日本人の食事摂取基準 より)

 

 

亜鉛はミネラルの一種です。味覚の他にも、いろいろな用途で使われる「人気者」なのです。

 

 

常に使われるものなので、毎日必要量を「欠かさず」とらないと意味がありません。

 

 

〜亜鉛の役割〜

 

@爪や骨などの、原料

 

Aストレスで生まれる、悪玉酸素の除去

 

Bアルコールを分解

 

C味を感じとる「味細胞」の成長をサポート

 

 

味覚障害は、Cで使う「亜鉛」が不足しているから。ところが@からBまで、常に亜鉛は消費されています。

 

 

毎日しっかり亜鉛をおぎなっていないと、Cまで亜鉛が回ってこないのです。

 

 

亜鉛は「とりだめ」ができないので、コツコツ毎日補うことが大事です。

 

 

過剰摂取に注意

 

 

亜鉛は基本的に、"毒性が低いミネラル"と言われています。なので、よほど短期間で大量に摂らない限りは、副作用の心配はありません。

 

 

ただ万が一、過剰摂取をすると「頭痛・発熱・嘔吐・倦怠感・腎臓障害」などが起こる可能性があります。その点も注意して、摂取するようにしましょう。

 

 

〜ここまでの、まとめ〜

 

●毎日、欠かさずとること

 

●過剰摂取に注意

 

2点を守って、しっかり亜鉛をとることが大事です。

 

 

2.亜鉛をおぎなうのに一番良い方法は?

 

 

方法

続けやすさ

過剰摂取

食べ物


クセのある食べ物が多い


心配なし

詳細


(病院)


通うのが手間


過剰摂取の心配なし。ただし、薬そのものの副作用が心配

詳細

サプリ


食事の前に飲むだけ


用法を守れば問題なし。食事との併用もOK。

詳細

 

 

3つの方法ですと、「サプリ」がトータルで優れています。

 

 

サプリ代がかかりますが、食べ物だと「食費アップ」、病院だと「診察×薬代」なので特別高いワケではありません。

 

 

 

 

食べ物

 

 

 

「亜鉛」を多く含む食べ物を、毎日の食事にとりいれる。もっともスタンダードな方法です。

 

 

厚生労働省の資料によりますと、成人の男女とも1日あたり2〜3mgの亜鉛不足と言われています。普通に食べるだけでは、常に足りていません。

 

 

では、どういった食べ物をとる必要があるのでしょうか。

 

 

〜亜鉛を多く含む食べ物〜

 

(100グラム当たり。単位:mg)

 

・生の牡蠣  13.2(およそ2個分)

 

・豚レバー 6.9

 

・牛肉(肩 or もも) 4.3〜4.6

 

・カニ  3.2(1/5匹)

 

・たらこ 3.1

 

 

たとえば、牡蠣であれば2個食べればOK。豚レバーであれば、200グラムも食べれば必要量を満たせます。

 

 

ただ「ひと癖」ある食べ物ばかりですので、"継続する難しさ"があります。牡蠣やレバーは好き嫌いもでますし、毎日とるのは難しいですよね・・。

 

 

他の食品にも「亜鉛」が含まれている物はあります。ですが、量が極端に少なくなります。

 

 

ちなみに、食品から亜鉛を摂る分には、過剰摂取による副作用の心配はありません。量を気にせず食べられます。

 

 

薬(病院)

 

 

 

病院には「味覚障害を直接治す」薬はありません。あくまで「亜鉛補給」のための薬です。

 

 

もともとは「胃潰瘍」の治療に使われる薬(プロマック)が、処方されます。

 

 

プロマックは、亜鉛をたくさん配合しているので、味覚障害の「補助として」処方する病院もあるのです。

 

 

ただし、プロマックには「副作用」があります。

 

だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ などが起こる可能性があるのです。

 

 

また、味覚障害を診察してくれる病院が限られているのと、プロマックを必ず処方するとは限らないのもネックです。

 

 

「病院にいけば、完全に治る」とイメージしがちですが、"食べ物"や"サプリを飲む"のと理屈は同じです。

 

 

サプリメント

 

 

 

「亜鉛を確実におぎなう」なら、サプリの服用が一番良いです。

 

 

食事のように、献立を考える必要がない。病院に通う必要もない。ただサプリを数粒飲むだけなので、手軽に続けられます。

 

 

ただしサプリの場合、決められた用法を守ること。一度に大量に飲むと、過剰摂取の危険があります。

 

 

決められた錠数を飲めば、副作用が起こることはありません。

 

 

あともう一つ、注意点があります。

 

 

亜鉛サプリは「ピン」から「キリ」まであるということ。中途半端なものを飲んでも、体に吸収されません。

 

 

近所のドラッグストアで、とりあえず適当に亜鉛サプリを選ぶ・・では意味がないのです。

 

 

とりあえず亜鉛が入った安いもので済ませる・・お気持ちはわかりますが、亜鉛の場合それでは効果が期待できません。

 

 

亜鉛サプリは「合成」ものと、「天然」ものの2種類に分かれます。「天然」ものを飲まないと、体への吸収率が悪いのです。

 

 

では、どういった基準で「天然の亜鉛サプリ」を選べば良いのでしょうか?

 

 

 


〜味覚障害で、"食欲がない女性"にはこのサプリ〜

 

 

・何を食べても変な味がする

 

・味がしないから、食べたくない

 

 

味覚がおかしくなると、食事の量も少なくなりがち。ガマンして食べるにしても、辛いものがありますよね。

 

 

食欲がないと、それだけ「栄養不足」になってしまいます。特に食欲不振になると、「鉄分」「ビタミンB群」「カルシウム」がおもに足りなくなります。

 

 

特に「鉄分」不足が続くと、不妊症になりやすいとのデータもあります。月経不順が起こるリスクもあります。

 

 

食べたいけれど、食べたら気分が悪くなる・・

 

 

亜鉛と鉄分を、サプリで補うというのも一つです。

 

 

サプリなら食欲がなくても続けやすいですし、亜鉛をおぎなって味覚をケアしつつ、栄養不足をカバーできるので一石二鳥です。

 

 

「亜鉛」と「鉄分」。それぞれのサプリを飲むのもよいですけど、手間もお金もかかりますよね。だから一緒に補えるのものがいいかな、と思います。

 

 

亜鉛と鉄分を、しっかりおぎなうなら「すっぽん」のサプリがよいです。

 

 

「すっぽん」は、栄養分がめちゃくちゃ豊富ですし、何より"亜鉛"と"鉄分"をたっぷり含んでいるのです。

 

 

もともとは疲労回復や美容目的で飲む方が多いようなのですが、「味覚障害のケア」と「栄養補給」にもピッタリなのです。

 

 

すっぽんのサプリはいくつかありますけど、「すっぽん小町」が一番有名どころです。

 

 


すっぽん小町

 

 

テレビCMや雑誌でもやっているので、一度は目にしたことがあるかもしれません。美容と健康維持のための「すっぽんサプリ」で一番有名ですから。

 

 

「亜鉛」と「鉄分」がたっぷりとれて、ビタミンやカルシウムなどの栄養補給もできます。プラスアルファで、コラーゲンもたっぷりとれます。

 

 

鉄分:プルーンの73倍

 

亜鉛:ほうれん草の14.7倍

 

 

今のままだと、単に食事が楽しめないだけでなく、将来的な不妊や生理不順のリスクにも繋がってしまいますよ。

 

 

すっぽん小町なら、亜鉛をおぎなって味覚をケアしつつ、不足した鉄分を手軽にカバーできます。

 

 

 

※開封後も、返品できるので気軽に試せます。

 

 

 

 

 

 

味覚障害を治すのにベストな方法は?亜鉛を補うには何が良い?記事一覧

味覚障害は何科に受診すれば良い?病院での検査・治療法を紹介

味覚がおかしい・・と感じた場合。亜鉛不足を補うことが基本です。しかし、病院に行った方が良いのでは?と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。味覚障害で悩んでいる方は、日本全国でおよそ24万人。さらに近年は増加傾向にあるにも関わらず、病院での治療についての情報が今一つ入ってこないのも事実です。「どこの...

≫続きを読む

味覚を回復させるには亜鉛が必要|効果的な摂取方法は

味覚がおかしい・・と思っていたら「亜鉛」不足を疑った方が良いです。人と味覚が違うのって、やっぱ悲しいですし、食べ物本来の味も、しっかり味わいたいもの。味覚音痴なんて、認めたくないですし(泣)味覚がおかしいと、亜鉛が足りないって話は聞きますが、実際何がどうかかわって、亜鉛が必要なのか納得できません。い...

≫続きを読む

【味覚障害】亜鉛は食事で、何をどのくらいとればいい?

毎日の食事で、亜鉛を補いたい。でも、何をどの位食べればよいかわからない!味覚障害は、味を感じ取る「味蕾(みらい)」の働きが悪くなることで起こります。味蕾を本来の働きに戻すには、「亜鉛」不足を解消しなければなりません。実際、毎日の食事で補うのが基本ですが、どんなものを食べるのか、必要な量はどのくらいか...

≫続きを読む


亜鉛サプリは本当に効く? 天然の亜鉛サプリ 亜鉛サプリのレビュー