食べ物の味を濃く感じる

食べ物の味を濃く感じる|味覚異常になる5つの原因とは

何を食べても味が濃く感じてしまう・・という方へ。

 

 

何かあったわけでもないけど、味覚が違う。味覚がおかしくなって、戸惑っていませんか?

 

 

こうした場合何が原因でどう対処すれば良いのか。紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

1.味が濃く感じるのはナゼ?

 

たしして味付けが濃くないけれど、妙に濃く感じる。

 

 

もしくは周りの人が、薄味と言っているのにそうは感じない。などの症状があったりします。

 

 

本来とは違う味を感じてしまうことを「味覚障害」といいます。

 

 

突然出てくる物で、基本的に病気ではありません。

 

 

 

ですが放置すると、慢性化する危険があります。

 

 

多くの場合、食べ物の味を感じにくくなるのですが、人によっていろいろな症状が出ます。

 

 

たとえば・・

・甘味だけ感じないなど、特定の味覚だけが感じない。

・何を食べても変な味しかしない

・味覚自体を感じにくくなった。

などが、症状としてあります。

 

2.異味症の可能性も

 

味覚障害には大きく分けて5つの種類があると言われています。

 

 

もっとも多いのは、食べ物の味を感じなくなる「味覚減退・味覚消失」と言われています。

 

 

今回のケースでいうと「異味症」の可能性が非常に高いのです。

 

〜異味症とは?〜

 

本当は甘いはずが苦く感じるなど、違った味を感じること。

 

 

 

 

 

ごくまれに、神経系の疾患や唾液が少なくなるなどの疾患の可能性があります。

 

 

ですが、通常はそこまで心配するほどのものはありません。

 

 

 

 

3.解消するには何が必要?

 

異味症を解消するには、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

もともとの原因が、味を感じ取る「味細胞」と呼ばれる細胞の生まれ変わりが遅れていることにあります。

 

 

味細胞というのは、私たちの舌にあるもので「甘い・しょっぱい・苦い」などの味覚を感じ取っているのです。

 

 

食べ物の味がおかしいのは、「味細胞」の生まれ変わりが遅くなった結果、味覚がおかしくなるのです。

 

 


味覚障害を治す方法 おすすめの亜鉛サプリ