何を食べても味が薄く感じる

何を食べても味が薄く感じる|味覚が鈍くなったのは何故?

今までと違って 最近急に味覚がおかしくなってきた。

 

 

何を食べても 味を薄く感じてしまう。人から指摘されて、自分の味覚だけがおかしいと 気づいてしまったけど・・

 

 

味覚が鈍くなってしまう。本人には自覚症状が少なく、周りの人によって 自分の味覚がおかしくなっていることを気づくケースも多いようです。

 

 

風邪をひいているのならまだしも 正常な状態で薄く感じる。

 

 

それは「味覚障害」が起きている可能性が高いです。味覚障害の中でも 初期の症状に該当します。

 

 

味覚障害にはいくつかの種類があるのですが 、今回のケースは「味覚減退」といって 味がわからなくなってしまう状態のこと。
これが進行すると 何と食べても味がしなくなります。

 

 

現段階では病院に行く必要はないと思いますが、 しっかりと味覚障害対策を行って行くことが大事です。

 

 

そもそも味覚障害が起こるのは 味蕾と呼ばれる細胞が舌にあるから。それを構成する味細胞が味覚を感じ取って、わたしたちは「●●の味がする」と認識することができるようになりす。

 

 

味細胞に異常が起こる=味覚障害が起こるのは「亜鉛不足」。

 

 

日々の生活で さほど意識しなくても不足分は補えますが、ストレスや食生活の乱れで 亜鉛欠乏になるケースもあります。

 

 

ストレスで亜鉛を別の用途に消費してしまう。

亜鉛の吸収を邪魔する食品を 摂取してしまう。

こうしたことがきっかけで 亜鉛欠乏の状態になります。

 

 

人間が味覚を感じるには 常に亜鉛の供給が必要になります。

 

 

味細胞は常に生まれ変わりを必要としていて 亜鉛が原料になっているからです。

 

 

 

[味覚障害には"亜鉛"が大事]

 

亜鉛不足が「舌」の働きを低下させて、味覚を鈍らせています。

 

 

"慢性的な亜鉛不足"を解消すれば、味覚を回復することができます。

 

 

「このまま放置すると、どうなるの・・?」

 

 

味覚は黙っていても回復しません。「亜鉛」はそもそも不足しがちな栄養素なので、意識してとらないと足りないのです。

 

 

味覚をしっかり取り戻したい方は、下記のページもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 



味覚障害を治す方法 おすすめの亜鉛サプリ